読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稲村堂作業日誌

科学雑誌を読む日々。

『意識をめぐる冒険』のための地図 [005]

f:id:inamura238:20140808145315j:plain

●『意識をめぐる冒険』のための地図 [005]
『意識をめぐる冒険』(岩波書店2014)の第2章で、〈関わっているニューロンの平均スパイク発火率はどれくらいか?〉という表現が出てきます(p.038)。ニューロン(神経細胞)が「発火する」といっても、なにも細胞が「火を噴く」わけではなく、ざっくりと言えば、外部から刺激を受けたニューロンが、別の細胞へ刺激を送ることを「発火」と考えればよいと思います。「活動電位が発生する」とも言い換えられます。