読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

稲村堂作業日誌

科学雑誌を読む日々。

『意識をめぐる冒険』のための地図 [008]

f:id:inamura238:20140819111552j:plain

●『意識をめぐる冒険』のための地図 [008]
『意識をめぐる冒険』(岩波書店2014)の第5章には、以下の文章が出てきます:
フリードの指導の下、私の研究室のメンバーであるロドリゴ・キアン=クイロガ、ガブリエル・クレイマン、リラ・レディの三人は、非常に特異的な反応を示すニューロンを、脳の側頭葉内側部のニューロンのジャングルのなかに見つけた。〉(p.126)
 そして研究グループが明らかにした「概念ニューロン」についての報告が続きます。ちなみにこのあたりのことは、『日経サイエンス』 2013年5月号にも、「記憶の引き出し 「コンセプト細胞」」として詳しく掲載されています(コンセプト細胞=概念ニューロン、です)。http://www.nikkei-science.com/201305_068.html
 「概念ニューロン」と言われると、なんだか1個の細胞の姿が思い浮かぶかもしれないけど、本文中にもある通り、任意のひとつの概念に対応する数千個の細胞(ニューロン)の集団が「概念ニューロン」であると考えるといいようです。特別な機能をもつニューロンと言えば、ほかに「ミラーニューロン」があります。『意識をめぐる冒険』でも第6章でちょこっとだけ触れられてます(p.165)。このニューロンの場合も、別に1個の細胞のことを言っているのではなく、細胞集団の働きのことを言っているのだと思います。